個人再生、我が家の喜怒哀楽

2013年2月~住宅ローンを残して債務整理~個人再生を決意。 2014年5月より5年間の弁済開始。 ローン支払い中の車が残りました。

個人再生、我が家の喜怒哀楽 イメージ画像

2013年2月~弁護士へ相談まで

借金の経緯は、後にさせて頂くとして現在生活費がままならないほど追い詰められておりこれから自分自身で立ち直る為、家族の絆を築きあげていく決意としてこのブログをはじめさせていただきました。ブログを始めるのも初めてですので、自分自身の為に書き上げますが、読んで

まず、勤めている会社の収入が下がり食費をクレジットで支払い返済をキャッシンッグのいわゆる自転車操業をここ4年続き苦しくなったら両親に援助してもらい何とか乗り越えておりましたが、もう両親も年金生活の高齢いつまでも頼るわけにもいかず、先日各都道府県がひらいて

内容が前後しますが先日、都道府県が開いている借金の悩みに対する無料相談所に行ってきました。

無料相談所で、相談していただいた時の話なのですが、『個人再生』ていうのは任意整理、自己破産と比べ時間と手間がかかると聞きました。

弁護士さんに面談していただきました。書類を色々と用意しないといけないので詳しい内容に関しては週末にでも、書き込みさせていただきます。結果は、『個人再生』の方向でやっていきましょうと、言ってくださいました。とは言ってもぎりぎりの状態ですので、気は抜けません

メンタルヘルスについてのブログやら、色々覗いてみると人間の感情『喜怒哀楽』を平均的に出せているひとは、メンタルが健康な人と・・確かに、ここ最近の私の感情も偏りがあったような気がします。

個人再生を、申請しても毎月の状況が格段のよくなりません、我が家の場合。収入に応じた生活をしていなっ自分が一番いけないのです。

弁護士さんに、お願いしてからそれまでの、支払い催促の電話が来なくなりました。

厳しい状況は今日も変わらず、今度弁護士さんに持っていく書類の中に、ここ一ヶ月の家計収支表を提出しなければなりません。

↑このページのトップヘ