縁の切れ目ですね。

誰も助けてくれません。自分のみが信用できるのみ…です。